アイランドタワークリニック福岡

円形脱毛症とは

正常に成長していた毛髪が、何かしらの原因で突然円形状に抜け落ちる現象が円形脱毛症です。
小さいものから、徐々に拡大していくものまであり、部位としては頭髪が最も多いですが、眉毛やまつ毛、体毛に及ぶものまでさまざまです。

 

はっきりとした原因は明らかではありませんが、近年では自己免疫疾患が関与して発症する説が有力です。
その他、精神的ストレスや妊娠出産による女性ホルモンの減少も原因のひとつだと言われています。

 

また、家族内発症が30%ほどみられることから、遺伝的要因が影響する可能性が高いとも考えられています。
発症年齢は、小児から高齢者まで幅広くみられますが、20〜30代が最も多く、男性より女性の方がやや多い傾向です。
治療法は、軽症の場合は、外用剤を使用して、経過観察を行っていきます。

 

このような局所療法では効果が現れない場合は、全身的な治療として、ステロイド剤や抗アレルギー剤、血管拡張剤などを用いる治療を行います。
特にステロイドは有効で、ステロイドの濃度が薄いものから始め、効果がなければだんだん濃ゆくしていくので最初から強いステロイドを使う訳ではないので安心です。

 

また、実体験なんですが、最も薄いステロイドを1か月塗っても全く効果がなかったのですが、1ランクあげただけで完全に治りました。
ほんの少しの違いで完治に至る効果があるのもステロイドの特徴かもしれません。

 

漢方を用いた治療も有効性があると報告されています。