アイランドタワークリニック福岡

かつらのメリット、デメリット

髪が薄い、禿ているなどの悩みの解決法としてかつらがあります。
かつらの装着にはメリットばかりではありません、デメリットもあります。

 

まずメリットとして挙げられるのは、手軽そして確実に髪の毛を増やすことができることです。
育毛剤を使用しても、即効性は期待できませんが、かつらは装着したその瞬間からフサフサになれます。
また、髪の毛の悩みで失っていた自信を取り戻すことができます。
気持ちが前向きになり、やる気や積極性につながります。

 

デメリットは、コストがかかるという点です。
一度購入すれば生涯使用できるという訳ではありません。
人工毛は傷んできますので、2〜3年おきに買い替えが必要になってきます。
また、かつらの装着は帽子を被っているのと同じで、どうしても蒸れてしまいます。
蒸れは薄毛の原因、かつらを装着することが薄毛や禿を加速させてしまいます。

 

さらに、育毛の場合は、徐々に髪の毛が増えていきますが、かつらの装着は昨日の自分とは明らかに違います。
違和感なく増やすことはできませんので、装着するタイミングがとても難しいと言えるでしょう。

 

しかも、かつらにはバレルという最大のデメリットがあります。
バレル原因は生え際に産毛が生えていない違和感が多いです。

 

ですから、産毛があるうちにカツラを始めるのが周りに気づかれずにカツラを始めるチャンスかもしれません。

最先端のかつら

薄毛の改善対策の一つにかつらの装着が挙げられます。
一昔前のかつらにはメリットよりもデメリットの方が目立っていたのでしょうか、使用することに抵抗を感じている人も多かったようです。

 

しかし、かつらも進化しています。
最先端のかつらには、最新の技術が投入されており、今までのデメリットがかなり解消されているのです。

 

一番は見た目です。
自然な生え際を再現しているため、装着していることを人に気づかれないほど。
極薄ネットを使用しますので、自分の皮膚との一体感を得ることができます。
軽量、耐久性も改善されていますので、長く装着しても苦にならず、ハードなスポーツをしても問題ありません。
通気性も良くなっていますので、夏でも快適に装着することができます。

 

そして、オーダーメイドですので、自分の理想のかつらを手にすることができます。
毛の増やし方も思いのまま。段階的に増毛すれば、周囲からの違和感を軽減できます。
装着方法もピン留め(ストッパー)、編込み方式、かつら用テープ、接着剤など選択することができます。"