アイランドタワークリニック福岡

自毛植毛したのに発毛に失敗するケース

毛根の移植を毛穴単位で行うアイダイレクト法の成功率は高いのに、まれに失敗してしまうケースがあります。

 

その原因は、【過度のストレス】【血流障害】【薬物の副作用】【頭髪環境悪化】があげられます。

 

以上のような原因で移植後うまく育っていた毛根が突然枯れてしまうケースはめずらしくありません。

 

ストレスは万病の敵ですから、当然育毛にも大きくかかわってきます。
この場合は、体の免疫力をあげるための体質改善や生活習慣で改善される場合もあります。

 

血流障害は毛根の餓死を招きます。
移植後順調に育っていても毛根に十分な栄養が行き渡らないと当然毛根は餓死してしまいます。
たっぷりの栄養とたっぷりの酸素を毛根に送りこむのは、薄毛に悩んでいたい時期と変わらないケアです。
自毛植毛したからと安心せず、生活習慣を整え、髪に十分な栄養と酸素を起こりこめれば、最悪のケースである毛根の餓死を招きません。

 

薬物の副作用により脱毛は、やもえないケースと言えます。
特に脱毛が起こるのは抗がん剤です。
これは、生存のために選択せざるおえない結果です。
まずは健康体を取り戻すのが先です。
死んでしまったら髪どころの話ではありませんから・・・